FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動器疾患の今

代表の河上が演者として参加させていただきます!

よろしければ、是非ご参加ください!
12726952224bdbc9b63b989_import.jpg


「運動器疾患のリハビリテーション~今~-道しるべ-Ⅱ」研修会のご案内
研修会企画:麻生リハビリテーション大学校 松﨑 哲治
貴下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
私達は2007年度より研修会「運動器疾患のリハビリテーション~今~」を開催してきました。
2012年度、『-道しるべ-』 をメインテーマとし、今後の治療に役立てていただきたく、研修会を開催し、今年は『-道しるべ-』の実が実る年です。その実が豊作となっているか、その報告の研修会を今年も企画しました。参加希望の方は、下記要項に従い、申し込み願います。

メインテーマ:『-道しるべ-』
趣旨:  私達は疾患を診るのではなく、また文献や研修会にあったことを確かめるために患者様がいるのではありません。患者様を診、患者様のために、文献や研修会や知識・技術・気持ちを総動員し、試行錯誤はするが、仮説検証作業してよりよい状態になるよう手伝うことが本来のリハビリテーションです。しかし、我々セラピストの一人一人の学習力には限界があります。今回のこの研修会の講義により私達の患者様を捕らえる力を養い、今研修会の内容を持ち帰り、明日からの臨床場面で、患者様に合わせ、自分なりに創意工夫していく力を身につける、または、そういう新たな視点を持ち、そして、明日からの患者様に役に立てることを目的に、このテーマの研修会を企画いたします。

開催場所:福岡市立東市民センター ホール (福岡市東区香住ケ丘1丁目12-1)
開催日:H25年9月21・22日(土曜日・日曜日)
21日(土)14:00~18:30 (受付開始:13:00)
22日(日)9:30~16:30(受付開始:9:00)
 講師・テーマ:
   9月21日(土)
橋詰 裕次vs. 中村洋一郎 :「同じ文献から得られる情報の差の検証」
田中 創vs. 岩坂 知治 :「臨床・教育・研究+α!?」
野尻 圭悟vs. 大野木翔一 :「腱板断裂術後患者の知覚・運動ループに着目した治療アプローチ」
吉住 浩平vs. 佐久田 衛 :「股関節の捉え方」
  9月22日(日)
大川 尊規vs. 長嶺 元気 :「整形外科における作業療法士の役割 〜肘・手疾患を中心に〜」
野﨑 壮vs. 井上 大樹 :「運動イメージを臨床にどう活かすか」
溝田 丈士vs. 大石 浩嗣 :「入院・外来診療の特性と対応の実際 ~同一症例を通して~」
多々良大輔vs. 谷口 隆憲 :「適刺激」
森口 晃一vs. 河上 淳一 :「運動器疾患に対するリスク管理~膝・肩疾患に対して~」
松﨑 哲治vs. 長野  毅 :「学習」

受講費:21日参加 4,000円・22日参加 6,000円・両日参加 8,000円 (すべて資料代込み)
定員:450名(各日毎で参加者が450名に達した時点で締切ます。先着順です)
申込期間:H25年7月7日~9月15日(先着順・定員で必ず締め切ります。)

申込方法:運動器の受付用フォーム : https://ssl.form-mailer.jp/fms/642ab631248918 (右上QRコード)にアクセスし、要項にしたがって申し込みください。
※申し込み内容に不備がないようお願いします。
※受講の可否につきましては、随時申し込みをされたMail アドレス宛に後日返信させて頂きます。

その他:会場は駐車場がありません。有料の「かしいかえん駐車場」が近く多く停められます。かしいかえん駐車場に留められ徒歩でお越しください(乗用車一日600円)。昼食は、各自で準備願います。

問い合わせ先 麻生リハビリテーション大学校 理学療法学科 松﨑 哲治
(事務局)  〒812-0007 福岡県福岡市博多区東比恵3丁目2番1号
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。