スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stretching positions for the coracohumeral ligament: Strain measurement during passive motion using fresh/frozen cadaver shoulders

こんにちは。
今日は最近読んだ文献を一つ紹介させて頂きます。

Stretching positions for the coracohumeral ligament: Strain measurement during passive motion using fresh/frozen cadaver shoulders
Tomoki Izumi、Mitsuhiro Aoki、Yoshitaka Tanaka、Eiichi Uchiyama、Daisuke Suzuki、Shigenori Miyamoto、Mineko Fujimiya
Sports Medicine, Arthroscopy, Rehabilitation, Therapy & Technology 2011

今回読んだ内容は鳥口上腕靱帯の伸長(緊張)肢位についてです。

臨床では外旋制限を呈している肩関節疾患の患者様を経験することがあります。外旋制限の因子としては、肩甲下筋、大胸筋、烏口腕筋、大円筋、烏口上腕靱帯など多くの制限因子が考えられます。

その中でも、できるだけ病態を明確にする情報の一つとして軟部組織の伸張肢位の把握は重要であると思います。

今回の烏口上腕靱帯の伸張肢位も外旋制限に対する評価・治療の一つの捉え方として還元できる知識なのではないかと感じました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。