FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Surgical versus Non-surgical Management of Rotator Cuff Tears: Predictors of Treatment Allocation


おはようございます。

8月11日 本日の文献です。

手術に至る物と至らない人の違いですが、喫煙、機能低下、若い、BMIが低い、症状が4ヶ月前よりあったとのことであり断裂サイズが入らないとの事。何故なんでしょうか?

DRできなかったので、全文読んではないけどどういう風にデザインしているのかみてみたいですね。

評価項目は、
age,
gender
body mass index (BMI),
shoulder activity score
smoking status
size of cuff tear
duration of symptoms
functional comorbidity index
treating surgeon
the American Shoulder and Elbow Society (ASES) score
the Western Ontario Rotator Cuff Index (WORC) and the Veterans Rand 12 Item Health Survey (VR-12).

文献は、こちらからご覧ください。
http://ojs.sagepub.com/content/2/2_suppl/2325967114S00057
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。