スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文紹介 Repair of full-thickness rotator cuff tears is recommended

本日の文献は、JSESからです。

Repair of full-thickness rotator cuff tears is recommended regardless of tear size and age: A retrospective study of 218 patients

Hannu E. Lähteenmäki, Ari Hiltunen, Petri Virolainen, and Olavi Nelimarkka, Turku, Finland

肩板断裂の全層にわたる断裂のOpe後について書かれてあります。

OpeのPreとPostにて、UCLAを使って評価されています。

分け方は、広範囲断裂を除く小・中・大に分類されています。

意外とMediumでUCLAのスコアのスコアが悪いと書いてあります。(ただの%で)

統計的には、Sizeを中心にPain/Flection/Strength/Scoreと関係しています。

妥当な結果と思います。

今回の文献に対する疑問ですが、χ2 testsを使用した上で最終的な結果となっています。

一つのマスが小さい所もありますので、Fisherのような気も・・・

分かる方がいましたらコメントお願いいたします。










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。